全国対応可能! 中小企業・個人事業主の確定申告を徹底サポート! 無料相談実施中!

中小企業・個人事業主のための確定申告相談室

中小企業・個人事業主のための
確定申告相談室

運営:フォーオールアカウンティング株式会社・大森税理士事務所

MENU

 

収入と所得の違い

 2017年12月14日

皆さんは収入と所得の違いはご存知でしょうか?

「違いがよく分からない」という人も多くいらっしゃると思います。

 

自営業している方ですと、

「収入=売上」
「所得=収入(売上) – 必要経費」

と考えるとわかりやすいかもしれません。

 

サラリーマン・OLなど会社勤めの方ですと、

「収入=給料・ボーナス等」
「所得=収入 – 給与所得控除」

となります。

 

さて、最後に出てきた「給与所得控除って何?」と思った方もいるかと思います。 

ここからは給与所得控除の説明です。

 

給与所得控除とは

 

給与所得控除とは、給料を得ている人の税額を計算する際の控除です。

 

会社勤めの方は仕事のために必要になる、筆記用具やスーツなどを購入することがあると思います。 

自営業の方に必要経費として収入(売上)から控除を認めているように、給与所得の方にもそれを認めてあげようというのが、給与所得控除です。

ただし、サラリーマン(給与所得者)全ての経費を確認するとなると税務署も手が回らなくなるので、サラリーマンは一律で収入金額に応じた控除をすることになりました。

 

給与所得控除の計算式はここでは割愛させていただきますが、給与収入が660万円未満の方は計算によらず、所得税法別表第五に記載の所得控除後の金額になります。

(どちらも国税HPに記載があるので、気になる方はそちらをご確認ください。。。)

 

例えば「年収360万円」のサラリーマン(給与所得)の場合、別表第五の給与所得控除後の金額になります。

 

給与収入:360万円
給与所得控除後の金額:234万円

 

この給与所得控除後の234万円という金額が、年収360万円の方の所得になります。

この方の所得税等を計算する場合は、さらに様々な控除をしてから税額を算出することになります。

 

「面倒だなぁ…」と思う方もいらっしゃると思いますが、これらのことは会社がやってくれています。

年末調整と呼ばれるものがそれです。

 

次回は年末調整についてご説明したいと思います。

 

無料相談はこちら

メールでのお問い合わせ

admin-ajax3

ACCESS MAP

09

 

対応エリア

トップへ戻る