全国対応可能! 中小企業・個人事業主の確定申告を徹底サポート! 無料相談実施中!

中小企業・個人事業主のための確定申告相談室

中小企業・個人事業主のための
確定申告相談室

運営:フォーオールアカウンティング株式会社・大森税理士事務所

MENU

源泉所得税の特例分納付

2016年 10月 11日 (火)

源泉所得税の特例分納付をご存知ですか?

 

基本的には毎月、源泉所得税を納付しなければなりません。

 

ただし、給与の支給人員が10人未満の源泉徴収義務者は、届出を提出することにより半年に1回の納付にすることができます。

 

従業員の給与や、弁護士や税理士等に対する支払いから天引きし、事業主(源泉徴収義務者)が納付する流れとなります。

 

これが特例分納付です。

 

実際の手続きでは、「源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書」を提出し、承認があった場合、その月から納期の特例の対象になります。

 

ちなみに今年7~12月分について、翌年1月20日が納期で、遅れると加算税や延滞税が発生する可能性があります。

 

1,000円未満の端数は切り捨てなので、もし期限が過ぎてしまっても早めに納付すれば、これらの費用が発生せずに済むかもしれません。

 

きちんと準備をし、納付をしましょう。

無料相談はこちら

メールでのお問い合わせ

admin-ajax3

ACCESS MAP

09

 

対応エリア

トップへ戻る